みかんの栽培

みかんのあれこれ

みかんの栽培に適した地域ではブランドや種類の多さも目立つ

一般的に、みかんの栽培に適しているのは気候的に温暖で、1年を通じて十分な日照に恵まれる地域となります。
それゆえ寒冷地ではこれらの栽培に適さず、必然的に北日本や日本海側で美味しいみかんを育てる事は難しくなります。
主に関東南部よりも西南の太平洋岸あるいは瀬戸内、東シナ海沿岸地域が主産地となっています。
いずれの地域もすぐ沖を暖流が流れる温暖な気候であり、冬でも日照条件に優れています。
特に南にこうした海を望む南向きの丘陵地はみかん栽培にもってこいの条件であり、神奈川県西部以西にはこうした条件の畑が各所に見られます。
特に冬でも気候の穏やかな瀬戸内地域には愛媛や広島を始めとして、幾つもの有名ブランドがあり、晩秋から初冬にかけての収穫期には全国から注文を集める等大変高い人気を誇っています。
それも一般的な温州蜜柑だけでなく、各種オレンジやレモンといった柑橘類全般の生産に卓越しており、現在はそれらの加工品における人気も高まっているのです。

自宅でのみかん栽培はスペースによっても最適種が異なる

自宅でみかんを栽培するのであれば、許容スペース等の条件から最適な種類を選ぶ必要はもちろんの事、周辺の環境条件にも気を配る必要性があります。
同じ柑橘類でも、樹が大柄になり、相当大きな庭でなければ栽培が難しい夏ミカンといった種類から、あまり樹が大きくならず、大柄な鉢植えでも仕立てて移動も楽に行える金柑等の種類まで色々あり、これらの中から自分の家に最適な種類を選択する事になります。
アパートやマンションといった集合住宅であれば必然的にベランダで鉢植えが必須となる為、後者の小型種が唯一の選択肢となりますが、十分広く、日照に恵まれた庭があるのなら前者も視野に入るでしょう。
これらみかんの仲間は、大型ホームセンターの園芸コーナー、あるいは通販でも質の高い大型の苗木を購入する事が出来ます。
鉢植えの際はただ植え替えるだけの比較的簡単な作業ですが、庭木として栽培する場合、苗木購入前から土をしっかり造っておき、いつでも迎え入れOKの状態にしておく事が大事です。


recommend

二次会で着用するドレスレンタルを大阪で借りる

最終更新日:2018/3/26

『みかん 栽培』 最新ツイート

@5629mayu

2月18日(月)晴れ 今日は、これっ‼️😋😋😋 カラマンシー(東南アジアで栽培されているらしい)・オレンジ・うんしゅうみかん・レモンが、入ってます。 呑んでいる時は、そんなに酸っぱくないけど、後からジュワ~~って体の中から来る感… https://t.co/lc9auquVik

1時間前 - 2019年02月18日


@EvvbN5TRf6jv3CO

食事のメニュー「いよかん」。 いよかんとぽんかんはどう違うのか? ということをwikiりました。 どちらももちろん柑橘系。 そしてどちらも明治中期ごろから日本で栽培され始めたもので、 いよかんは、紅みかん、穴門みかん(あなとみかん)とも呼ばれ、原産地は主に愛媛県だそうです💡

4時間前 - 2019年02月18日


@sluggishslime

無茶々園のみかんを買った時に残念だったのは、日本人の家族でやってる生産者のみかんより、てんぽ塾という海外実習生を入れているみかんの方がおいしかったことだ。片方は低農薬で、てんぽ塾は過去3年間も無農薬の有機栽培だった。有機は手間がかかるから外国人を入れざるを得ないのだろう。

7時間前 - 2019年02月18日